うそでしょ!?重曹と歯磨き粉と塩とアルミホイルで歯を白くできる!?

スポンサーリンク
beauty

重曹と歯磨き粉と塩とアルミホイル、この4つがあれば自分で歯を白くすることができるって知ってましたか?

アルミホイルホワイトニングとも呼ばれているようです。

私は知らなかったのですごく驚きました。家に居ながら好きな時にできるのは嬉しいでよね。

でも本当でしょうか?なんだか胡散臭い感じがしませんんか?

重曹、歯磨き粉、塩、アルミホイルをどう使うのか、本当に白くなるのか、危険性はないのか調べてみました。

少ない情報で適当にやってもきっと上手くいきませんよ!後悔したくありませんよね?

重曹、歯磨き粉、塩、アルミホイルを上手に使うことで憧れの白い歯が手に入るのならば有難い話です。

歯の色で悩んでいるあなた、安易に飛びつかず本当に有効な方法なのか確かめましょう。

 

 

スポンサーリンク

重曹と歯磨き粉と塩を混ぜて歯に塗ればアルミホイルで覆うだけ!!

では、改めて材料のご紹介です。すべて身近なもので、簡単に手に入ります。

私の家にはすべて揃っていました。今すぐにでも試せるのは嬉しいですね!

 

材料

  • 重曹
  • 歯磨き粉
  • アルミホイル

以上になります。歯磨き粉と塩、アルミホイルは常備しているご家庭が多いと思います。

重曹に関しては聞き慣れない方のいるかもしれませんが、スーパーなどで購入することができるものです。

食用と食用でないものがあるので注意してください。今回は必ず食用を使いましょう。

重曹が少ないと効果は薄れ、多いと歯に悪影響を及ぼしてしまいます。

ほんの少しから試してみて様子をみるのが良いと思います。

 

使用方法

次に使用方法についてです。とても簡単です。

  1. 重曹、歯磨き粉、塩を混ぜ合わせます。
  2. それを歯に塗ります。塗り漏れがないようにしっかりと塗りましょう。
  3. 塗った歯をアルミホイルで覆います。歯の形がわかるくらいしっかりと押し付けましょう。(覆った歯は銀歯のような状態になります。)
  4. 約1時間後、アルミホイルを外して、歯磨きをして口をゆすぎます。柔らかい歯ブラシを使って、軽く優しく歯磨きしましょう。

これだけです。「これで本当に白くなるなら、みんな歯医者に行かなくなっちゃうよ」と思いませんでしたか?胡散臭さはまだ払拭されませんね。

 

期待できそうな効果があるのか

気になる期待できそうな効果ですが、白くなる場合があるという表現が妥当だと思います。

そもそも歯の汚れ具合は人それぞなのです。

白くなったという人もいれば、全然変わらなかったという人もいます。

劇的な変化は期待できないでしょう。そう上手い話はありませんね。

このアルミホイルホワイトニングは重曹を使っていることがポイントとなっています。

重曹には強い研磨作用があるので、歯の表面の汚れを削り落としているという訳です。

それによって歯が白くなる場合があるという事でしょう。

 

 

スポンサーリンク

重曹と歯磨き粉と塩とアルミホイルで行うことは危険ばかり⁉

ここまでで使用方法や、期待できそうな効果があるかどうかご確認いただけたかと思いますが、ここからは危険性についてご案内します。

私は固い物を噛んで歯が欠けたことがあるのですが、歯は案外もろくて繊細ですよね。

最もご理解していただきたい部分になりますのでご注目ください!

 

重曹の危険性

歯の汚れを重曹によって削り落とすということは、少なからず歯に傷が付きます。

つまり、歯のエナメル質が傷つくと歯がくすんで見えてしまう原因になります。

また歯に汚れが付きやすい状態となるので、歯の色が今よりも悪くなってしまうかもしれません。

傷が付きすぎると知覚過敏を起こしたり、最悪の場合は歯が折れてしまう可能性があるのでご注意ください。

とても怖いですね。歯を痛め付けているのと同じです。

また、重曹は塩と同じナトリウム化合物で、重曹自体の味はしょっぱいです。

飲み込まなくても口内の粘膜から吸収されてしまいます。

塩分摂取に制限がある持病をお持ちの方は、注意が必要となります。

健康な方でも塩分の過剰摂取が良くありませんね。

更に重曹はアルカリ性なので、油脂やたんぱく質を分解する作用があります。

濃度が濃すぎると歯茎や喉などを傷めてしまう可能性があるのです。

口内がアルカリ性になると歯石が付着しやすくなり、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

 

アルミホイルの危険性

銀歯や銀の詰め物をしている場合、アルミホイルをかんだ時に口の中で電流が流れる可能性があります。

この電流はガルバニック電流といい、2つの異なる金属が唾液を介して触れ合うことで流れる微弱な電流の事です。

ガルバニック電流はただビリッと痛みを感じるだけではなく、自律神経に悪影響を及ぼし、頭痛や肩こり、めまいや耳鳴りなどを生じる場合があります。

電流によっては金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こすことになるかもしれません。

銀歯や銀の詰め物を傷める原因にもなるのです。

 

 

重曹と歯磨き粉と塩とアルミホイルでホワイトニングできるのはウソ⁈

アルミホイルホワイトニングには危険性が多々あり、注意が必要なのだとご理解していただけたかと思います。

ポイントとなった重曹とはそもそも何なのか、歯科医院で行うホワイトニングとは何が違うのかご紹介します。

 

重曹とは

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことです。自然界に存在する決して人体に害のある物質ではありません。

【掃除に使う】

重曹は掃除に使うものというイメージを持っている方が多いと思います。

強い研磨作用と弱アルカリ性という性質から油汚れなどをこすり落としたり、脱臭効果もあります。

人体に無害だということで、食品を扱う台所まわりや赤ちゃんのいる家庭の掃除には重宝します。

私は大掃除の際、重曹を使いますよ!コンロ周りや換気扇などの掃除に便利です!

【料理に使う】

お菓子作りなどでよく使われるベーキングパウダーは重曹が主成分です。

熱や酸が加わると炭酸ガスを発生させるという性質があるので、パンや焼き菓子をふっくら仕上げたい時に膨張剤として使われます。

また、お肉を柔らかくしたり、お魚の臭みを取ったりすることにも効果があります。

 

ホワイトニングとは違う!

このように重曹はとても便利で安全なものなのですが、歯に対して用いることはオススメできません。

前述した通り、重曹、歯磨き粉、塩を混ぜ合わせたものは歯を研磨することで汚れを落とし白くします。

しかし、歯科医院などで行うホワイトニングは歯を漂白することで白くしているのです。

歯を傷付けるようなことは行いません。つまり、全く別物!

歯科医院で受けるホワイトニングのようには期待できない上にリスクが高すぎます。やはり自分で行うことは辞めたほうが良いと思います。

 

 

重曹と歯磨き粉と塩を混ぜて塗るより安全で効果が期待できる方法をご紹介!

簡単にできるからと軽い気持ちで試してみるには、危険すぎる方法だと思うのです。

最後に、歯という体の一部を安全に白くする方法をご紹介します。

 

歯科医院でホワイトニング

専門家にお願いするのが一番です。安全で、尚且つ確実に効果を得られます。

費用は高額になるかと思いますが、歯や我が身の健康に変えられるものはありません。

複数の安心を持て信頼が出来そうな歯科医院を比較し、自分に合った歯科医師さんを見つけることが大事になってきます。

 

ハウスホワイトニング

歯科医院での処方が必要な方法ですが、自宅にいながら自分の好きな時にできます。

歯科医院でマウスピースを作ってもらい、処方された薬剤を使って、ゆっくり時間をかけて歯を白くする方法です。

時間はかかるかもしれませんが、安全ですね。

 

ホワイトニング効果が期待できそうな市販品

歯を白くすることに特化した商品は数多く売られています。

歯磨き粉や歯の消しゴム、ペン型で歯に薬剤を塗るものなどがあります。

安価で手軽に購入できるのは良い点ですが、やりすぎには注意しましょう。

私はまず市販品を試してみようと思いました。早速ドラッグストアに行ってみます!

 

 

まとめ

  • 使用方法は、重曹と歯磨き粉と塩を混ぜ合わせ、歯に塗り約1時間放置した後、軽く歯を磨き口をゆすぐ。
  • 白くなる理由は重曹の研磨作用によって、歯の表面の汚れを削っているから。
  • 重曹で歯に傷をつけることは歯にとって悪影響しかないのでおすすめできない。
  • 歯を漂白することによって白くしている歯科医院でのホワイトニングとは全く別物の使用法である。
  • 歯の健康を第一に考えた方法を選び、自分で安易に行うのではなく専門家に相談するのが一番である。

いかがでしたでしょうか。うまい話にはやはり裏があります。そしてやりすぎは何事もよくありません。

あなたの歯の健康を第一に考え、十分にリスクを理解した上でご検討いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました