ゴミ袋収納は100均のセリアがおすすめ!無印やダイソー商品も紹介

スポンサーリンク
100均

ゴミ袋の収納には100均セリアの「キッチン消耗品収納ケース」がおすすめです♪

ゴミ袋は、普段の買い物で使うレジ袋やキッチンで使うポリ袋など様々なサイズがありますよね。

かさばりますし、いつの間にかぐちゃっとなり、見栄えが悪いのも気になります。

生活感が出る物だからこそ目に見えない所に収納したい」「何か良い方法はないかな」と思った事はありませんか?

私はうまく収納できず、ゴミ袋を取り出す時に余分に出てしまう事や、それを戻そうとする時にぐちゃっとなってしまう事にプチストレスを感じてモヤモヤしていました。

今回そんなお悩みをスッキリ解消するゴミ袋収納アイテムを100均セリアで見つけたので紹介します!

後半では無印良品やダイソーのアイテムを使ったゴミ袋収納方法も紹介しているので、是非参考にしてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク

ゴミ袋の収納には100均セリアのアイテムが便利!

セリアの商品でゴミ袋を収納するのに最適なアイテムが「キッチン消耗品収納ケース」です。

100円ショップセリアは主婦に大人気で、品揃えも多くシンプルなデザインでインテリアにも馴染みやすい物が多いので私もよく利用しています。

特に欲しいものがなくてもお店に行って商品チェックをしてしまうくらい好きなお店です。

収納グッズは色々揃えると結構お金がかかります…。そのため低価格で収納グッズが買えるのは嬉しいですよね♪

 

キッチン消耗品収納ケースは場所も取らないのでおすすめ

「キッチン消耗品収納ケース」は、ゴミ袋やキッチンで使うポリ袋、食品を保存する時に使うジップロックなどを収納できるケースです。

こちらのケースは立てて収納できるので、場所も取らずスッキリまとめられますし、それぞれに色やサイズの目印を付けると一目でわかります。

ゴミ袋やポリ袋を収納する専用のケースなので、色々なサイズに対応しています。

サイズがS/M/M(幅広タイプ)/Lの4種類あり、それぞれの詳しいサイズはこちらです。

サイズ高さ(mm)横(mm)奥行き(mm)
S12020030
M12026030
M(幅広タイプ)12026050
L19023030

ちなみに同じシリーズで袋以外の収納ケースもあるようなので、合わせて使用すればインテリアの統一感も出てオシャレだなと思います♪

 

セリアの収納ケースのメリットとデメリットを徹底解説

セリアの収納ケースを実際に使ったネット上の口コミをご紹介します!

・サイズごとに分けられて、使用する時にわかりやすくなる

・かさばらずに収納でき、見栄えも良くなる

・見えない所に収納できるので、生活感が出ない

メリットは何といっても様々な種類のゴミ袋をキッチン消耗品収納ケースに収納する事で、一目で区別が付けられ、「どこにしまったかな?」とならない事です。

必要以上に出てきてしまったり、戻そうとすると袋がぐちゃぐちゃになってパッケージが破れてしまうというストレスも解消されます。

ちなみに私はこれが一番のストレスだったのでそれが解消されると思うと凄く嬉しいです♪

また、キッチン消耗品収納ケースを使えば省スペースで収納できるので、シンク周りなど自分が一番取り出しやすい場所に収納できますよ。

そのうえ目に見えない所にも収納できるので、生活感も出さずにキレイに収納できます。

しかし、そんな収納ケースにもデメリットはあります。

・組み立て式なので手間がかかる。

・袋をケースに移しかえないといけない。

キッチン消耗品収納ケースは全て組み立て式なので、買ってきてから組み立てるという手間があります。

また、買ってきたゴミ袋をケースに毎回移しかえないといけません。

ただ、ゴミ袋は毎日使うくらい日常的な物なので、キッチン消耗品収納ケースを使用した方が日々のストレスも解消され生活が豊かになると思います♪

 

スポンサーリンク

ゴミ袋を収納する時に求めるポイントは3つ

収納すると言っても、ただ単にまとめてしまえば良いという訳ではないですよね。

実際に私は、適当にポンポンしまっていたので、スッキリまとめて目に見えない所に収納する事で、生活感をあまり出さないようにしたいなと思っていました。

そこで、ゴミ袋を収納する際に求めるポイントを3つご紹介します!

 

サイズごとにわかりやすく収納したい

同じゴミ袋でも無色透明、白色、黄色があったり、サイズも大、中、小など種類が沢山あります。

分別ごとにゴミ袋が分けられている自治体に住んでいる方も多いと思いますが、「あの袋はどこにしまったかな?」とわかりづらかったりする事はありませんか?

私は買ったままの状態で上に積み重ねていくように収納しているので、よく同じ色でサイズが違う袋を間違えて取ってしまう事があります。

それを種類ごとにわかりやすく収納できたら、間違えて取るという手間も省け、一目で使用したい袋がわかる様になるので嬉しいですよね。

 

かさばらないようにスッキリまとめたい

買い物の時に購入したレジ袋を皆さんはどのように収納していますか?

すぐに増えてしまうレジ袋を、いかにかさばらずにスッキリまとめられるかも重要ですよね。

私は適当にグルっと写真の様に結んだり、三角にキレイに畳んだりしますが、その袋を収納する最適な場所がなく、一つのレジ袋にポンポン詰め込んでいます。

 

エコバッグを忘れてレジ袋を購入する事が多々あり、どんどん増えるのですが、これが下の写真の様にかさばるので見栄えも悪いんですよね。

ゴミ箱の袋を取り出す時に、必要な枚数より多く出てしまったり、収納したくても上手く入らなくてパッケージが破れてしまう事もあります。

私は実際に何度も経験していますが、これって結構ストレスなんですよね。

 

目につかず取り出しやすい所に収納したい

ゴミ箱をシンク周辺やキッチン周りに置いて利用しているご家庭が多いのではないでしょうか?

シンク下の収納スペースや、自分が使いやすいと思うキッチン周りの収納スペースに上手くゴミ袋を収納できれば、使用する時も取り出しやすくなりそうです。

私は実際にゴミ箱をキッチンに置いており、ゴミ袋も料理中に袋を使う機会が多いのでキッチンの戸棚に収納しています。

料理中に使うポリ袋も、ゴミ箱用のゴミ袋もキッチン周辺に収納するのが一番使いやすいと思います。

また、目に見えない所に収納できるのも、生活感を出さないというのが叶うので嬉しいですよね。

 

 

ゴミ袋の収納は無印のファイルボックスを使えばスッキリ

引用 無印良品ネットストア

ハンギングホルダーにゴミ袋を掛けてファイルボックスに収納するという方法です。

ハンギングホルダーが使えるファイルボックスを使い、それぞれにラベルを付ける事で、一目でわかる様に収納できます。

こちらはゴミ袋をまとめてハンギングホルダーにかけていくだけなので、いちいち詰め替えるという手間がかかりません。

手間もかからずわかりやすく収納できる方法なので、私も使ってみたいと思いました♪

 

 

ダイソーのタオルハンガーなら取り付けも簡単

引用 Daiso公式ネットストア

タオルハンガーをシンク下の扉に取り付け、ゴミ袋を掛ける事で場所を取らずに収納できます。

写真のタオルハンガーは、ダイソーの商品でシンク扉用のハンガーです。

こちらは、キッチン周辺の収納スペースがあいていなくても、扉に取り付けるだけなので場所も取りません。

タオルハンガーを購入するだけで収納できるので、とても簡単で低コスパなのもいいと思います♪

扉を開けてすぐに取り出せて、収納場所が無い!という方におすすめです。

 

 

突っ張り棒でデッドスペースを有効活用しよう

食器棚や冷蔵庫奥のデットスペースを利用した収納方法です。

こちらの写真は、実際に私の家の冷蔵庫横にあるデットスペースを利用して、ゴミ袋を収納してみました。

突っ張り棒を付けてゴミ袋をかけただけの収納方法です。

こちらもタオルハンガーを使った収納方法と同じで、突っ張り棒があればできる簡単で低コスパな方法です。

突っ張り棒を付けてゴミ袋をかければ簡単に収納でき、無駄なデットスペースも有効活用できますよ♪

ただこちらの収納方法は目に見える部分になるので、生活感を出さないように収納したいという方には不向きかなと思います

 

 

まとめ

  • ゴミ袋の収納には100均セリアの「キッチン消耗品収納ケース」が便利。
  • 「キッチン消耗品収納ケース」はサイズ展開が豊富。
  • 今までの悩みを解消出来るメリットがたくさんあるが、多少の手間がかかるというデメリットもある。
  • ゴミ袋の収納に求めるポイントは、種類別に収納できる、かさばらずにスッキリまとめられる、取り出しやすく、目に見えない所に収納できる事である。
  • 無印良品のファイルボックスとハンギングホルダーを使えば、一目でわかりやすく収納できる。
  • ダイソーのタオルハンガーを使った収納方法は、扉に取り付けられるので、収納場所が無い方におすすめ。
  • 突っ張り棒を使ってゴミ袋を収納すれば、食器棚や冷蔵庫奥のデットスペースを有効活用できる。

100均セリアの「キッチン消耗品収納ケース」は、ゴミ袋の収納にとても便利でおすすめです。

ゴミ袋は毎日使うくらい日常的な物ですよね。

ご紹介した収納方法で、日々のプチストレスやモヤモヤも解消されると思いますので是非参考にしてみてください♪