【保存版】ブラウスとシャツの違いは難しい?特徴と違いを解説!

スポンサーリンク
耳より情報

あなたはブラウスとシャツの違いが分かりますか?

ブラウスとシャツの違いって普段考えたことないな。

こういう方が大半だと思います。しかし、意外と考える機会はあるのです。それがクリーニング店を利用するときです。

実は私、クリーニング店で一時期働いていたという経験があります。

そのとき、実際にブラウスをシャツ類だと思って衣服を持ってきて、値段の違いに困惑しているお客様に何度か会ったことがあります。

もしかしたら、あなたもブラウスとシャツの見分け方を知らなかったことで、思ったよりも高い値段を支払い、後悔することがあるかもしれません!

そのような思いをしないためにも、今回はブラウスとシャツの違いを詳しく解説します!

 

 

スポンサーリンク

ブラウスとシャツの違いは素材感と形

やはり、まずはブラウスとシャツの違いが気になると思うのでお伝えしようと思います。

実はブラウスはシャツの一種でブラウスとシャツの違いはズバリ、素材感と形にあります。

ブラウスってシャツの一種だったんだ…。

ブラウスとシャツは示す衣服の範囲が違うだけなので、極端に捉えるとブラウスとシャツは同じであるといえます。

そのため、今回はブラウスとその他のシャツの違いというよりかは、ブラウスの特徴についての解説になります。

ブラウスとシャツが同じ?少し混乱してよくわからない…。

そう思いますよね。そこで、これから詳しくお伝えします!

 

ブラウスとシャツの違いは素材や形

ブラウスやシャツはどのように定義されているのでしょうか。

日本産業標準調査会による定義をご覧ください。

シャツ:肌着や肌着の上に着る服のこと
ブラウス:女性向けに作られたゆったりと柔らかな素材の多い、上半身を覆う衣服のこと

つまり、ブラウスの特徴として女性向けに作られていること、柔らかな素材感があり、ふんわりとした形になっていることという2つが挙げられます。

しかし、素材や形について文字だけを見てもわかりにくいですよね…。

そこでブラウスとワイシャツの写真を比較してお伝えしようと思います。

こちらの女性が着ている衣服がブラウスです。少し見えにくいかもしれませんが、袖口や体のラインが見えないようなふんわりとしたデザインですね。

一方、こちらの方が着ているのがシャツの一種であるワイシャツです。

ブラウスの方が体のラインを出さないふんわりとしたシルエットをしているのに対し、シャツの方が体のラインに沿ったシルエットをしています。

実際に、写真を比較するとわかりやすいですね。

私も、比較するまではいまいち素材感や形についてわかりませんでしたが、比較してみると確かに違って驚きました。

 

ブラウスとシャツはボタンの位置が違う?

ブラウスとシャツの違いの1つとして、ボタンの位置が挙げられることをご存知ですか?

前が開くタイプのブラウスは左前にボタンがあるのに対し、前が開くタイプのその他のシャツは右前にボタンがあります。

非常にわかりやすい違いですよね。そのため私がクリーニング店で働いていたときに、見分け方の1つとしてボタンを見るように指導されていました!

なんでボタンの位置が変わってくるの?

私は疑問に思ったため調べてみました!実はこの違いには様々な説があります。

その中で一番有名な説が、中世においての男性と女性のシャツの着方の違いがボタンの位置の違いにあらわれたという説です。

中世の13世紀ごろ、男性はシャツを自分で着ていたのに対し、上流階級の女性は使用人に服を着せてもらっていました。

そのため男性は自分が着やすいように、女性は使用人が服を対面で着せやすいようにボタンをつけ、現在まで残っているのではないかと言われています。

 

 

スポンサーリンク

ブラウスとシャツの違いをクリーニングのお店ではどのように見分けているの?

最初に、ブラウスとシャツは極端にいうと同じであると言いました。しかし、クリーニング店では分けられていますよね。

ブラウスとシャツが明確に違うのは、このクリーニング店での分け方が異なっていることも1つの理由だと私は思います。

クリーニング店でワイシャツとブラウスを出したら値段が違っていてびっくりした。

シャツとブラウスでクリーニングの分類が分けられているのはなぜ?

クリーニングに衣服を出したときにこのように感じたことはありませんか?

実際にクリーニングの料金をみて見るとわかるのですが、下記の通り、ワイシャツとブラウスの値段は大きく異なります。

引用 ダイヤクリーニング

各クリーニング店で値段や分類に違いはありますが、ブラウスは基本的にポロシャツやTシャツと分類され、同じ価格帯でクリーニングされている場合が多いです。

しかし、考えてみてください。ブラウス、ポロシャツ、Tシャツ、ワイシャツは全てシャツの一種です。

それにも関わらず、同じシャツの一種のワイシャツだけクリーニングの値段が格段に安くなっています。

なんで、シャツなのにクリーニング代が違うの?

それは、洗い方や仕上げ方がワイシャツとその他のシャツ類とで異なるからです。

 

ワイシャツとその他のシャツの扱いと値段の関係

ワイシャツは強い素材でできているため、一度に多くのワイシャツを水でしっかりと洗います。

そして、プレス機と呼ばれるワイシャツ専用のアイロンでシワを伸ばします。

このプレス機によりワイシャツ一枚一枚のアイロンにかける時間や手間はかなり少なくなります。

私は実際の作業工程をみたことがありますが、1分から2分くらいで確実にプレス機での作業が終わっていました。

そのくらい非常に早いスピードで淡々とワイシャツを仕上げることができるため、ワイシャツの料金は比較的安いのです。

一方で、ブラウスは飾りやデザイン性の高いものが多いこともあり、デザインを崩さないように洗う必要があります。

衣服の形を崩さないために、ブラウスやポロシャツなどは水ではなく、石油系の液体で洗います。

水よりも、石油系の液体の方が形が崩れるなどの衣服の変化を起こしにくいのです。

また、ワイシャツよりも値段が高いのは洗い方の違いだけではありません。

その他のシャツ類はワイシャツのようなプレス機がないため、1枚ずつ丁寧にシワを伸ばす必要があり、手間がかかるのです。

洗い方や仕上げの手間のかけ方が値段の違いだったのね。

これらの理由により、ワイシャツとその他のシャツで値段や扱いが変わっています。

 

クリーニング店でのシャツとブラウスの見分け方

先ほど述べた通り、シャツの種類によって扱いが変わるためクリーニング店ではシャツの種類を分類する必要があります。

では、クリーニング店では本来シャツの一種であるブラウスをどのように分けているのでしょうか。

  • 女性が着用するか、男性が着用するか
  • ボタンがある場合はボタンの位置が右側か左側か

基本的にこの2点でクリーニング店はブラウスかどうかを見分けています。

とても分かりやすいですよね。私もこれはクリーニング店を辞めた今でも役に立っています。

クリーニングの料金を調べる際は是非参考にしてください!

 

 

ブラウスとシャツとカットソーの違いは?

ブラウスとシャツの違いとともにおさえておきたいのがカットソーとの違いです。

カットソーもブラウスと近い印象があり、どこが違うのかわかりにくいですよね。

結論からいうと、カットソーとブラウスは生地が違いますが、両方ともシャツの仲間です。

よくわからないと思うので、それぞれの言葉の語源とともに解説します!

 

ブラウスの語源

株式会社大阪マネキン紹介所によると、ブラウスの語源は以下の3つがあげられています。

  1. 中世ヨーロッパで着られていた”ブリオー”を語源としている。(ブリオー:現在のチュニック型のワンピースのような衣服。)
  2. 農業用のシャツの”ブルーズ”を語源としている。
  3. ボトムスの中に入れてきることを”ブラウジング”と言い、それを語源としている。

このように語源は様々ですね。しかし、どれも現在のブラウスの特徴や使い方に近いですね。

 

シャツの語源

シャツの語源は2つあります。1つ目が、英語の短いという意味の”ショート”からきたという説です。

そして、2つ目は古ゲルマン語の”短く切る”という意味を持つ言葉が元となり、英語のシャツになったという説があります。

いずれにしても、シャツは短いという意味合いが含まれているのですね。

また、シャツはチュニックを起源としてチュニック型の下着であるシュミーズができ、男性用シュミーズのシャツができたそうです。

私は、シャツの起源がチュニックであるということに驚きました。

 

カットソーの語源

カットソーの語源はカットアンドソー(cut and saw)です。私もクリーニング店で働いていた時に教えてもらい驚きました。

カットソーは編んである衣服です。つまり、編んである生地を切って(カット)、縫っている(ソー)衣服がカットソーなのです。

そのため、シャツの一種であるTシャツもカットソー、ポロシャツもカットソーに含まれることが多いです。

しかし、同じシャツの一種であるブラウスはカットソーには含まれません。

なぜ、ブラウスはカットソーに含まれないのかな?

そのような疑問が出てくると思います。ズバリお答えすると、それはブラウスが織物だからです。

編み物と織物の違いはわかりにくいですが、編み物は生地が薄いニット生地になっています。

私も仕事で慣れるまでは、この区別が難しかったです…!

ですが、伸縮性が少しある場合はカットソー、ない場合はブラウスという違いがあります。

このように伸縮性があるか、ないかに注目をしてブラウスか、カットソーかを見分けると良いでしょう。

 

ブラウス、シャツ、カットソーの違いは?

最初に述べたとおり、カットソーもブラウスもシャツの一種であり、ブラウスは織物、カットソーは編み物を切って縫った衣服という違いがあります。

つまり、上の図のような関係性なのです。カットソーにTシャツやポロシャツが含まれることがあるというのもおさえておきたいポイントですね。

 

 

ブラウスとシャツの区別はなくなり始めている!?

ブラウスとシャツの区別がなくなっているというより、最初から区別がないというのが正しいです。

こちらは、先日私が購入したものです。王道のブラウスの形をしていますね。

この商品をネット通販で検索したところ、「ブラウス」と「ホワイトシャツ」という表示がありました。

ブラウスはシャツの一種であるため、ブラウスやシャツと表示されていることは間違いではありません。

しかし、クリーニング店では分かれていたブラウスとシャツが、この商品の表示では分かれていないと混乱しますよね。

混乱しないためにも、シャツの中で女性用のふんわりとした形、柔らかな素材という特徴を持っている衣服がブラウスであることを忘れないでください!

シャツとブラウスは別の衣服なのではなく、シャツの種類にブラウスが含まれているという関係性なのです。

 

 

まとめ

  • ブラウスはシャツの一種である。
  • ブラウスは柔らかな素材感とふんわりした形をしており、女性向けであるという特徴を持つ。
  • ブラウスは左前にボタンがあり、その他のシャツは右前にボタンがある。
  • クリーニング店ではブラウスとその他のシャツで扱いが異なる。
  • ブラウスが織物であるのに対し、カットソーはシャツの一種であり、編み物である。
  • ブラウスはシャツに含まれているということを忘れない。

ブラウスはシャツの一種であるため、ブラウスをシャツと言っても間違いではないとお伝えしました。

しかし、クリーニング店では扱いが異なるので気をつけてください。

クリーニングに出す際には男性用か女性用か、ボタンは右前か左前かという今回お伝えした2つのポイントで判断してみてください。

ブラウスかシャツ類かを判断し料金を確認していれば、クリーニングに出すときに想像より高い値段になる心配もなくなりますね♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました