アマゾンペイの設定はとても簡単!メリットデメリットを知って賢く!

スポンサーリンク
amazon(アマゾン)

「○○ペイ」と言われる物が増えてきて、もうお財布の必要がないんじゃないかと思うぐらい、いろいろな所で使用できて便利ですよね。

私も利用していて、ちょっとコンビニに行きたい時はスマホだけで出かける事も多くなりました。

あなたはアマゾンペイの事を知っていますか?アマゾンで何か商品を購入する時に、支払い方法や住所を登録しますよね。

その登録情報を使用し、商品購入やサービスの支払いをするサービスの事をアマゾンペイと言います。

設定されているとネットでのお買い物だけでなく、実店舗でも使えるお店があるんですよ!

私はアマゾンはよく利用するのに、アマゾンペイについては初めて知りました。設定できているのかどうかもよくわかっていませんでした。

あなたも一緒にアマゾンペイの設定方法について見ていきましょう♪

 

 

スポンサーリンク

アマゾンペイの設定方法は簡単♪

アマゾンペイって初めて聞いたな。

そう思った私がまず初めにした事は、アプリをインストールしようとする事でした。ですが、アマゾンペイ単体のアプリはありませんでした。

どうやって使うの…?

と一瞬頭を抱えましたが、アマゾンペイはアマゾンショッピングアプリ内にありました。

アマゾンペイの存在を知らないと、もしかしたら見つけにくいかもしれませんね。

アマゾンペイの設定は実はとても簡単で、恐らく知らない間に設定ができているかもしれません。私がそうでした。(笑)

Amazon.co.jpのアカウントをお持ちであれば特別な設定が必要ないのです。

アマゾンでお買い物する時に使用した、住所やクレジット情報がそのまま使用されます。

アマゾンペイを利用したいけれどまだアマゾンに登録していない方は、アマゾンショッピングアプリをインストールして登録して下さいね!

 

設定内容を変更したい時

クレジットカードの情報や住所等の情報を変更や追加はできるの?

変更や追加は、公式サイトの「アカウント設定」やショッピングアプリの「アカウントサービス」から変更できます。

一度期限切れのクレジットカードを設定したままな事に気づかなくて「買い物ができない!」と困った事がありました。

変更し忘れないように気をつけてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

アマゾンペイの使い方

一見アマゾンでしか使用できないのかなと思いましたが、そういうわけでありません。

対応しているお店であれば、ECサイトでも実店舗でも利用できます♪

それではECサイトでの使い方と、実店舗での使い方を順番に見ていきましょう。

 

ECサイトでの使い方

ショッピングサイトなどでお買い物をする場合もアマゾンペイを使用することができます。

こんな便利にお財布感覚で使えるならもっと早く使えばよかったと私は感じてしまいました。

  1. ネットでお買い物する物が決まったら支払い選択画面から「アマゾンアカウントでお支払い」を選択する。
  2. 登録した内容でアマゾンにログインをする。
  3. アマゾンの情報がサイト側に提供される事に同意をして、配送先とクレジット情報を確認する。
  4. 支払い完了。

ぽんぽんと決済が進んでいくので、買い間違いなどには注意してくださいね。

パソコンを使用する場合、ショッピングアプリがなくてもアマゾンのアカウントさえあればお買い物ができます。

 

実店舗での使い方

実店舗でアマゾンペイを使いたい場合はアマゾンショッピングアプリを使用します。

  1. ホーム画面左上のメニューにある「プログラムと特典」から「全てを見る」を選ぶ。
  2. その中からアマゾンペイを選びQRコードとバーコードを表示する。
  3. 「支払いをアマゾンペイでお願いします。」と伝えると、専用の端末でQRコードを読み取ってもらえる。
  4. 支払い完了。

支払いをする前に、その店舗でアマゾンペイが使えるかどうかを確認してくださいね。

 

 

アマゾンペイはクレジットカードがなくても使える!

基本的にはクレジットカードと連携をさせて使用する事が多いアマゾンペイですが、実はクレジットカードがなくても使用する事ができます。

それは「アマゾンギフト券」を使う方法です。

「アマゾンギフト券」という物があるのはご存知でしょうか?コンビニですぐ購入する事ができますよ♪

アマゾンギフト券を登録しておくと、支払いの時に「ギフト券残高を利用する」という項目が表示され、そちらをクリックすると決済が完了します。

クレジットカードがなくても使えるのは嬉しいわね♪

私は知人からの贈り物で「好きな物を買ってね」とアマゾンギフト券をいただいた事がありました。

好きな物を購入できるので、こういうプレゼントの仕方も良いなと思いました♪

 

アマゾンギフト券をチャージする

アマゾンギフト券は、チャージする事が可能です。

チャージにもクレジットカードは必要ありませんので、クレジットカードを持っていなくても安心して使用できますね。

  1. アマゾンギフト券を登録するページから「チャージ(入金)する」をクリック。
  2. チャージする金額を設定するページになるので、金額を入力する。
  3. 支払い方法を選択画面から「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」の項目を選び次へすすむ。
  4. 注文を確定する。
  5. アマゾンからメールが届くので確認する。
  6. お支払い方法の手順にURLの記載があるので、そちらを開いて支払い方法を選択する。

この時に、支払い方法で「コンビニ支払い」「銀行でのお支払い」を選択すると、アマゾンポイントが取得できます♪

それ以外の方法だと対象外なので気をつけてくださいね。

コンビニ支払いの場合はバーコードが表示されるので、レジでバーコードを読み取り支払います。

支払いできるのはセブンイレブンのみになりますのでご注意ください。

クレジットカードは使いすぎてしまう!という方はギフト券でチャージする方法の方が安心かもしれません。

アマゾンペイではありませんが、私は他のスマートフォン決済を使用した時にクレジットカードを連携させて使いすぎた事がありました。

一つ一つは小さな金額でもちりも積もれば…という感じですね。

クレジットカードの請求を見た時にびっくりしちゃった!

 

 

アマゾンペイのメリットやデメリット

アマゾンペイを使用する事でメリットやデメリットはあるのでしょうか?メリットやデメリットを理解した上で上手に使っていきましょう♪

では詳しくご紹介いたします。

 

アマゾンペイのメリット

  • ネットショッピングがスピーディー。
    アマゾンペイを使用すると会員登録や、クレジット情報等を入力する手間が省けます。
  • 安全性が高い。
    アマゾンは、世界最先端のセキュリティ技術があるので個人情報漏洩などに対する安全性がしっかりしている。
  • クレジットカードのポイントがたまる。
    アマゾンペイの支払い設定をクレジットカードにしていると、そのクレジットカードのポイントがたまります。
  • 手数料がかからない。

こうしてみるとアマゾンを利用しているだけで嬉しいポイントがたくさんありますね!

アマゾンをよく利用する私にとってはかなり嬉しいメリットだと感じてます。

 

アマゾンペイのデメリット

  • 実店舗で使用する場合、QRコードを表示するまでに手間がかかる。
    いざ使おうと思った時に「どこからQRコード表示するんだっけ?」となってしまいそうです。
  • まだあまり普及していないので、使える店舗が多くない。
  • ECサイト独自のサービスは反映されない。
    アマゾンペイはECサイトに会員登録をせず決済ができるというのが魅力の1つです。

ですが、会員登録をしない事によってそのECサイトのポイントをためる事ができません。

よくお買い物をするECサイトは会員登録される事をおすすめします。

 

 

まとめ

  • アマゾンペイは専用アプリがあるわけではなく、ショッピングアプリのメニューの中にある。
  • Amazon.co.jpのアカウント登録をしておけば特別な設定をせずに使用できる。
  • 公式サイトのアカウント設定で、設定内容の変更ができる。
  • アマゾンペイは、ECサイトでも実店舗でも使える。
  • アマゾンギフト券があれば、クレジットカードがなくても使用できる。
  • アマゾンギフト券はチャージして何度も使える。
  • チャージする時の支払い方法を「コンビニ支払い」か「銀行からのお支払い」にするとアマゾンポイントがもらえる。
  • アマゾンペイにはメリットもデメリットもある。

何だか現金が必要なくなる時代が、もうすぐそばまで来ているような感じがしますね。

アマゾンペイは上手に使えばいろいろな手間が省けてとても便利です。

私は実店舗ではまだ使用した事がありませんが、ECサイトでの買い物に使用してとても便利さを感じています。

アマゾンに登録しておけばすぐに使えるので、あなたも一度使ってみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました