爪が透明になるといいこといっぱい♪透明感のある爪にするやり方3選!

スポンサーリンク
beauty

普段友達と話していたり食事をしているとき、ふと相手の爪が目に入ったとき透明できれいな爪だったら「きちんとしている方だな」や「女性らしいな」と感じます。

また、私自身パソコンのキーボードを打ったり何かを指さしたとき自分の爪がきれいだと気分が少し上がったり、自信が持てたりしますよね。

逆に爪がくすんでいたりカサカサしていると、他の部分をきちんとしていてもそれだけで印象が悪くなってしまうこともあります。

そんなとき、「爪が透明になるといいな…」って思ったりしませんか?

実は毎日の食事や生活習慣を意識したりと、ちょっとしたケアで爪が透明になる可能性が高まります。

今回はそんな日常生活ですぐ取り入れられる爪が透明になる方法についてご紹介していきますよ!

 

 

スポンサーリンク

爪が透明になるとどんな影響がある?

顔を触ったり何かをつかんだり、指で示したりするなど爪は案外目立っていて人に見られています。

そして気づかぬうちに爪は様々な印象を人や自分に与えていることがあります。

私もよく人の爪を見ているので、やはり爪の状態が良くない方とお会いするとあまり良い印象を感じません。

そんな爪が他人に与える印象についていくつか挙げていきます。

 

透明な爪は女性らしさや細やかな印象を感じさせる

透明でつやつやの爪は手入れが行き届いている印象を与えることができ、女性らしさや細やかさを感じさせます。

特に女性らしくみてもらいたい気になる人や恋人や旦那さまにこんな印象を持ってもらえると嬉しいですよね。

私も思い返してみると女性らしかったりモテる方は、爪をいつもきれいにしている印象です。

そういう方はやはりキラキラしているようにも感じますよね。

 

透明な爪は清潔感や丁寧さも感じさせる

透明できれいに整っている爪は他にも清潔感や丁寧さも感じさせます。

これは初対面の人や職場・取引先の方にも好印象を持ってもらえるきっかけになりそうですね。

また営業マンの方でも取引先の印象を良くするため爪をきれいにされている方は最近多いようです。

私の知り合いの営業マンの方で、男性ですが爪を毎週日曜日にきれいに磨くという習慣をお持ちの方がいました。

ビジネスにも爪の透明感は大切なんですね。

 

爪が透明だと自信にもなる

爪が透明だと他人だけではなく自分にも良い影響があります。

爪は食事をするときやスマホを触っているときなど自分の目にもよく入ってきます。

私自身、仕事でしんどいときや家事で疲れているときなどふと自分の爪が目に入ると、きれいにしていたら癒されることがあります。

やはりボロボロの爪を見ているよりは、「私の爪きれい!!」とテンションもあがりませんか。

また誰かと話しているとききちんと透明感のある爪だと、それだけで自信を持てます。

自分に自信が持てたら堂々と過ごせるので、仕事や人間関係もうまくいくきっかけになりそうですね。

爪は範囲が小さいこともありスキンケアやヘアケアより優先順位が下がってしまいがちで、私も気が付いたら爪がカサカサになっていることがあります。

しかし、他人に好印象を与えることができ自分にも良い影響があるのでいつでも透明感のある爪でいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

爪に透明感のある状態とは?

爪が透明とはどのような状態なのでしょうか?

健康的で透明な爪の特徴を2つ挙げてみます。

 

爪がきれいなピンク色

健康的な爪自体は透明で色はついていませんが、その下の皮膚の血管がピンク色なので健康的な爪はきれいなピンク色に見えます。

くすみの無い透明度が高い爪ほど健康的と言えます。

爪の色が白、赤、黒紫、黄色、緑などの場合は爪か身体の病気の可能性もあるので気になる方は一度病院などを受診してみてください。

私は以前まで爪をあまり意識しておらず観察することもありませんでした。

しかし、爪は健康状態のバロメーターにもなるので時々確認してみてくださいね。

 

爪の表面が滑らかで縦筋や横筋が入っていない

健康的な爪の表面は縦筋や横筋もなく平らで滑らかです。

縦筋が入ってしまう原因としてはダイエットや食生活の乱れや好き嫌いなどによる栄養不足があります。

他にも、原因としては年齢・乾燥なども挙げられますよね。

私は手や爪の保湿を怠っているとうっすら縦筋が入っていることがあります。

横筋が入ってしまう原因としては爪に何か物が当たったり、ストレスや生活習慣の乱れなどから血行が悪くなることにあります。

透明できれいな爪の特徴について詳しく調べてみました。

生活が乱れていたりストレスを抱えたりすると肌荒れするように、爪も生活や食事に影響を受けている可能性が高いと分かりました。

爪を観察は自分の健康状態のチェックの一つにできそうですね。

私も忙しいとつい食事が適当になったり、夜更かししたりしてしまいますが爪の健康のためにもバランスの良い食事や健康的な生活習慣を目指したいと思います。

また、それ以外にもくすみのない透明で滑らな爪にする方法があれば嬉しいですよね。

次は透明できれいな爪に近づくためのケアについて紹介していきます。

 

 

爪を透明でつやつやにする方法を紹介!

ここからは透明できれいな爪を目指すために自分でできるケアの方法などを紹介します。

ひと手間でできることばかりなのでぜひ爪をきれいにして好印象をゲットしましょう!

 

バランスの良い食事をとる

爪は基本的にたんぱく質で作られていますが、他にもアミノ酸・亜鉛なども必要になってきます。

バランスの良い食事で必要な栄養素を摂ることが透明で健康的な爪づくりへと繋がります。

タンパク質や亜鉛、ビタミンB2・B6、ビタミンCもアミノ酸などに関係してくるので日々の食事に取り入れたいです。

私はお肉は意識して食べていましたが、やはり野菜もバランスよく食べるのが大事なのですね。

毎日バランスの良い食事をとろう!と思うと疲れてしまうかもしれませんが、意識して少しずつなら取り入れられそうですね。

また、爪だけでなく肌や髪の毛にも良い栄養素もあるので、爪と一緒に肌も髪の毛も全部ケアすることができます。

 

体の血行を良くする

 

体の血の巡りが悪くなると爪の色や形に影響があることがあるので、血行を良くすることは透明できれいな爪づくりのためにとても大切です。

血行を良くする方法はお風呂に浸かる、特に半身浴がいいですが時間が無いときは手や足をお湯を入れた洗面器に浸けるだけでも違います。

私も湯船に浸かる時間がない時は足浴しながらシャワーを浴びたりしています。

また適度な運動やストレッチもおすすめします。

たまには湯船に浸かってみたり、歩けそうな距離は歩いてみたり日常で取り入れられそうなものは取り入れて習慣にできたらいいですね。

 

こまめに爪を保湿する

スキンケアをしないと肌が乾燥するように、爪も何もしないと乾燥してしまいます。

爪が乾燥すると縦筋が入ったり光沢が無くなったりするので、爪もこまめに保湿するようにしましょう。

ネイルオイルや爪の美容液など爪を保湿してくれるものを毎日こまめに塗ると、爪の乾燥を抑えることができます。

私はなるべく手洗い後はネイルオイルを塗っていますが、継続して塗っているとツヤがでてきました!

爪が潤ってつやつやだと女性らしさやきちんとしている印象を与えることができそうですね。

 

 

まとめ

  • 爪が透明だと女性らしさや清潔感をアピールできる
  • 爪が透明だと自分に自信が持てる
  • 爪が透明な状態とはピンク色で表面が滑らかなこと
  • 爪を透明にするには以下3つの方法がある
  • バランスの良い食事、主にタンパク質・亜鉛・ビタミンなどを意識して食べ、お風呂やストレッチなどで血行を良くし、ネイルオイルなどで保湿する

ここまで透明できれいな爪を目指す方法について紹介してきました。

透明できれいな爪になるにはバランスの良い食事・血行を良くする・保湿が大事でした。

全てできなくてもご自身のライフスタイルに合わせて取り入れられそうなものがあれば習慣にしてみて、透明できれいな爪を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました